食材をスキンケアに役立てる方法

美肌によい食材は食べることによってもスキンケアに役立てることができますが、スキンケアそのものに使うという方法もあります。
ハチミツやヨーグルト、塩など様々な食材がスキンケアに使えるので活用してみるとよいです。
例えばアボカドですが、食べることによっても美肌が期待できるアボカドには良質な脂質が含まれています。
そのため、肌に直接塗ることでも効果が期待できます。柔らかくなりすぎたアボカドは、ハチミツと混ぜることでパックとして使用できます。
アボカド適量にハチミツ大さじ1程度を加え、更にお湯を大さじ2を目安にして混ぜ、肌に塗りやすい状態にします。
それを肌に塗りますが、このとき、目は避けて塗りましょう。
塗ったらそのまま10分程度おき、洗い流します。
ヨーグルトには軽いピーリング作用があります。そのため、毛穴が気になる、肌が脂っぽい、などといったときにも使うことができます。
カップ半分程度のプレーンヨーグルトにハチミツを大さじ1程度を目安に混ぜてパックとして使用します。
砂糖などが入ったヨーグルトではなく、プレーンの添加物が少ないものを使いましょう。
オリーブオイルもスキンケアに役立てることができます。
肌に直接、適量を塗ることにより乾燥などに効果が期待できます。
クレンジングなどにも使うことができます。ただし、アクネ菌の餌となりますのでニキビ肌の方は避けたほうが賢明です。
ハチミツとミネラルをたっぷり含んだ天然の海塩があれば、パックにすることができます。
ハチミツと混ぜることでパックとして使用することができます。
混ぜ合わせたものを十分から十五分程度肌に塗り、洗い流します。
ただし粒子が粗いと肌を傷付けてしまいますので、粒子が細かいものを使用しましょう。