程よい運動をする事もスキンケアにとっては重要

肌を見ている女性

スキンケアをする時、どんな化粧品を使うかやその使い方に気を配る人は多いです。
しかしスキンケアは美肌成分を取り入れるだkでは完全ではありません。
正しくスキンケアを行うには、運動が必須です。
運動をすると体温が上昇するため、汗をかいて調節します。汗をかくことは新陳代謝を高めることなので、肌のターンオーバーが促進されます。
また汗の中には体内の老廃物も含まれています。
老廃物は血液の流れを悪くしたり、湿疹など肌トラブルを引き起こす原因なので、汗と一緒に体外に排出すれば体の中からきれいになります。
運動は本格的にジムに通わなくても実践できます。
ただし有酸素運動を行うのがポイントです。運動には無酸素運動と有酸素運動があります。
無酸素運動は短距離走や筋力トレーニングのように、最大限の力を一瞬発揮させるものです。
健康を増進することはできますが、力を出す時は吸い込む酸素の量が制限されるため、体は酸素不足になります。
運動が終わって呼吸を整える時にたくさんの酸素を吸い込みますが、一気に酸素を取り入れると活性酸素が生成されて、シミやシワなど肌の老化現象が起こりやすくなります。
反対に有酸素運動ではウォーキングやジョギング、水泳など、比較的負荷が小さな運動を指します。
これらは呼吸を整えながらできるため、酸素不足になりません。
酸素が十分に行き渡れば、コラーゲンを生成する細胞も活性化し美肌に近づきます。
ウォーキングであれば運動が苦手な人も、階段を使ったり散歩をしたりするだけで実践したことになり手軽です。
一定のリズムを刻む運動には脳をリラックスさせる効果もあるため、ストレスを溜め込みがちな現代人の精神面までサポートできます。